• 人生いつだって、今から。これから。楽しい時間は過ごせるはず。心も体も元気で自由に生きてみよう!

健康的に痩せるために

痩せたい!誰もが思うことです、では健康的に痩せるためにはどうしたら良いのでしょうか。

肥満は世界中ですでに社会問題です。それほど太っていなくても、スタイルを気にしてあえてダイエットをする人も大勢います。

ダイエットに熱心に取り組み過ぎて、健康に悪影響を及ぼすような痩せ方をしたという方も少なくはないようです。

一刻も早く痩せるためにと無理を重ねたところ、過食症や拒食症、あるいはリバウンドをする方もいます。

健康的なダイエットを目指すことを、痩せる時には意識したいものです。

1日の摂取カロリーを意識する

多くの場合、女性は1日1700kcal男性は1日2100kcal前後のカロリーを使うことで生命維持やその他の運動のエネルギー源としています。

ダイエットでは、食事制限によって摂取カロリーを消費カロリーより減らすという方法が一般的です。

ただし、痩せることは可能な方法なのかもしれませんが、栄養不足や栄養失調などで健康を害することがないように気をつけてください。

その場ではうまく痩せるように見えますが、リバウンドの温床にしかなりません。

体にいいダイエットを目指すなら、摂取カロリーをほどほどに減らした上で適度な運動をするダイエットがおすすめです。

健康的に痩せるには、1カ月に2キロ以上は減量しないように気をつけましょう。痩せることを義務や強迫観念のように考えているとダイエットがストレスになりますので、イライラを感じないダイエットを目指してください。

痩身作用があるという食材を食卓に頻繁に出すことで、体重を減らしたいという人も大勢いるようです。

ただし、単調な食事をしていると栄養が欠乏してしまい、リバウンドのしやすい体質になります。痩身のためにと食事の分量を減らしていると、筋肉が弱まって代謝の悪い体になります。

食事が十分でないと筋肉の量が減ることによって、だんだんと体の基礎代謝が落ちていきます。

食事で摂取するカロリーが少ないと体重はその時だけ減りますが、基礎代謝が下がってしまうために、長期的には脂肪がつきやすくなります。

やみくもに食事の量を減らすような、策の無い方法では痩身効果が期待できないだけでなく、体調を崩してしまいます。

食事内容の見直しや、運動をする際には、筋肉を増やすことを考えるといいでしょう。大豆、卵、肉、魚などたんぱく質を含む食事を心がけましょう。

たんぱく質は筋肉をつくるための原材料になってくれます。

ダイエットにはかかせないちょっとした運動

乗り物を使うのではなく歩く距離を多くしたり、建物内では階段を使うようににしたりと、運動不足にならないようにすることで、筋肉を減らさずに済ませることができるでしょう。

ダンベルを使った筋肉トレーニングも効果的で、自宅でテレビを見ながらでも簡単にできる方法です。

気軽にできる運動を、長くコツコツと続けられれば、痩身効果は徐々に現れてきまうので、長続きを重視しましょう。

痩身方法はストレスが溜まらない方法で、筋肉量を意識しながら実践することが成功のカギになります。