今よりも痩せたい!でも食べたい!とくにおなかをなんとかしたい

ダイエットなど

今よりも痩せたい

今よりも痩せたい、痩せてきれいになりたいと考えている女性は少なくはありません。

あと数㎏、ほんの1㎏でもいいからと、週末のイベントや人と会う機会がある都度思っているかもしれません。

歓送迎会や忘年会、クリスマスやお正月などの時期には、どうしてもたくさん食事を摂ることになります。

常日頃痩せたいと考えている人には辛い時期でしょう。

痩せたいけれども美味しいものは食べたいというジレンマを抱えているという人は少なくないようで、両方を両立させることは簡単ではありません。

ダイエットを困難にする要因の中には、食べたい気持ちをこらえることがあります。

特に会社で飲みに行った場合など、食べ物は皆でオーダーになります。自分だけ低カロリーなものだけを食べるわけには行きません。

ダイエットをしているからあまり食べられない、と言うことも躊躇する方もいるでしょう。

悩んだ時は、一緒に行く女性の同僚に協力を仰ぐのがお勧めです。集団で飲みに行く時にダイエットをしているとどんなに大変か、同じ女性ならば理解してもらいやすいですし話しやすいでしょう。

飲み会で痩せたい人にはお勧めしたい方法

ダイエットを成功させるためには、事前に女性たちを味方に引き込んでおいて、全員で注文をする時に豆腐や野菜、焼き魚をメインにオーダーしましょう。痩せたい人にはぜひお勧めしたい方法です。

一番気になるおなかのダイエット

いつの間にかおなかが一回り大きくなっていた

ぽっこりおなかは水着を着たり薄着をするととても目立ってしまうものです。

好物を積極的に食べ過ぎて、いつの間にかおなかが一回り大きくなっていたということもあります。

気づけば結構な量の脂肪がついており、何をすれば除去できるのかわからずに、頭を抱えてしまうこともあります。ダイエットを成功させれば、おなかのシェイプアップができるだろうと考える人もいます。

しかし、食事の量を減らして何キロか痩せることができたとしても、それは身体の水分が抜けただけということもあります。

水分が抜けて、体重が減ったとしても、体脂肪がおなかについたままでは、ダイエットがうまくいったとは言えません。

おなかの効果的なダイエットはどうすれば良いの?

食事を減らすよりは、腹筋を使う運動をしたほうが、体脂肪の減少につながります。

ウエスト周囲にある脂肪を使うためには、腹筋などおなかを取り巻く筋肉を鍛え、エネルギーの消費を促進することです。筋トレによるダイエットは一日二日では効果は得られないので、長く続かない人もいます。

おなかを引き締めるには時間がかかるものという考えに基づいて、気長に筋トレを実践するといいでしょう。

筋トレをしておなかの筋肉を増強する一方で、ウォーキングなどの有酸素運動を行えば、確実なダイエットにとつなげられるでしょう。

寝ながら筋トレ!!

タイトルとURLをコピーしました