• 人生いつだって、今から。これから。楽しい時間は過ごせるはず。心も体も元気で自由に生きてみよう!

 

なぜか、どうしても痩せない太もも

ダイエットに挑戦する女性の多くが直面する問題に、内もものシェイプアップが困難なことがあります。

カロリー制限をして体重を減らすことができても、内ももがスリムにならないと感じている人もいます。

内もものダイエットを成功させて、美脚を手に入れるには

内もものダイエットを成功させて、美脚を手に入れるにはどの様にしたら良いのでしょうか。

広い歩幅をとって、きびきび歩くことで、内ももの筋肉を効率的に刺激することができます。

歩く際には、一歩一歩を大股にして、地面をしっかり蹴り上げると、筋肉を使うことができます。

ダイエットのためにウォーキングをする場合は、そのための時間を確保しなければなりませんが、何かのついでで歩く距離を増やすと続けやすいでしょう。




内ももの筋肉を効果的に刺激する手段として

内ももの筋肉を効果的に刺激する手段としては、スクワット運動をすることが挙げられます。

有酸素運動でもあるスクワットは、体脂肪の燃焼を促す運動を継続して行えます。

スクワットは一見簡単そうなのですが、無理をすると筋肉痛になることもあります。

ペース配分やかける時間などをきっちり決めて、無理なく運動をすることです。

成功率の高いダイエットをするためには、気長にコツコツと取り組みましょう。多少時間がかかってもいいので、内ももを少しずつ引き締めていきましょう。

骨格の歪み矯正による足やせダイエット

なかなか足やせダイエットがうまくいかない人は、骨格の歪みがもしかしたら原因かもしれません。

足が太く見えることがあるのは、骨盤の歪みが原因で血流が悪くなることでむくみが起こるからです。

本来はつかない脂肪が蓄積されることも、骨格のゆがんだ部分にはあるようです。正座をした時に左右の膝の高さが揃っていない人や、いすに座るといつも同じ方の足ばかりを組む癖がある人は、骨格が歪んでいるかもしれません。

骨盤の歪みを正すには

骨盤の歪みを正すには、整骨院や整形外科、エステでの施術を受けるという方法もありますが、施術費用が必要です。

骨格の歪みを正しくする、自宅でできる足やせダイエットもあります。一番歪みを矯正したい部位は膝と骨盤ではないでしょうか。

特に足やせを難しくするのは、骨盤の歪みは下半身への影響が大きいからです。

後ろ歩きが、骨盤の歪みを正す足やせダイエットとしてはお勧めです。後ろ向きにリズミカルに歩くことを、1日20分程度を目安に行いましょう。

一定の歩調で可能な限り歩き、立ち止まったり早さを変化させないようにします。

また、膝の歪みを正し足やせ効果が期待できるのは、仰向けになって、膝を胸元まで引き寄せた姿勢で膝をぐるぐると回す運動をすることです。

5回ほど回したら、次に反対方向に回します。足やせダイエットのための運動は、やはり気長に毎日続けることが大切です。