猫執事からの悲劇報告。猫が?着地失敗する??

我が家の猫。そうです、捨て猫だったのです。

素敵な休日の夜の出来事

我が家には2階にあがる階段があり

下から見上げると

こんな感じ。

我が家の愛にゃん「にゃんこあにき」はこの階段上の手すりの部分に乗るのが好き、

高いところがいいのかな。ちょこんと座って、窓の外をながめています。

でも急にこの平均台のような幅20センチぐらいのところを走るのでした。

こわいからやめて~~~と思っていた矢先。

階段したから見上げたところから・・ねこが転落しました。いやぁ~~~

危ないから下そうと、わたしが2階に上がったとき。

わたしの見ている前で・・墜落。

いくら猫でも着地地点が階段ですから、うまく着地できませんでした。

え~~~そうなの??

ねこって着地の天才じゃない??という思いもあったのですが。

「にゃんこあにき」も何がおこったのかわからなかったみたいですが、

うまく歩けず、うずくまってました。

このまま「にゃんこあにき」が死んじゃうんじゃないかと、

どうしていいのかわかりませんでした。

夜の9時を回っていたのですが、じっとしていることもできず、

ネットで病院を探して電話して、

初めて行く病院でしたがなんとか、診ていただけることになり、

すぐに走りました。

幸い、骨も折れていないし、内臓も大丈夫そうでした。よかった・・・

 

病院の先生が「ねこが着地失敗するかな?」と( 一一)

「え?先生、決して虐待ではないですよ」と心の中で叫ぶ!わたし。

その夜はずっと「にゃんこあにき」のそばにいました。

寝ているんだけど、もしかしたらこのまま死んじゃうんじゃないかと

心配で心配で。

何度も何度も生きていることを確認しました。

ほんとにびっくりしました。今は元気にしています。大丈夫なのかな。

痛いとも言わないから・・しゃべってくれたらいいのになぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です